echo do_shortcode("[metaslider id=27]"); ?>

◎ガス給湯器の点火できない理由
ガス給湯器が点火できない理由は、石油給湯器とは異なる理由となります。
基本的にガス給湯器は石油給湯器と違い液体を使用していないので、故障頻度が石油給湯器に比べそこまで多くありません。

もし故障が起きてしまった場合、それはほとんどが電気系統の制御基板の故障によるものです。
まれに、ガスを送り込むために開閉する電磁バルブそのものが悪くなるということもありますが、あまり多いケースではありません。
また、ガスの出力による空気の量の調整がおかしくなってしまい、点火しづらくなることもありますが、この理由も本当に稀です。

■石油給湯器とガス給湯器の故障について
石油給湯器でもガス給湯器でも、バーナーに点火しないといったことが起きてしまうと、リモコンでエラーを表示してお知らせする仕組みを各製造メーカーが開発、販売しています。
このエラー番号やエラーの文字などによって、大体の原因箇所が特定することができ、類推できる仕組みとなっています。

故障の処理を行う専門業社は、そのエラー番号やエラー文字から原因となる部品を類推して見つけ、その部品を交換することで修理を行なっていきます。

給湯器において、「点火しない」という症状は最も多い故障内容でもあり、そして原因も細かく分けると多岐に渡ります。
一般の方からすると、故障に気付いたとしても、ひとりでは原因を突き止めたり修理を行うことができないものばかりです。
このような状況に陥った場合には、すぐに専門業社に修理を依頼しましょう。
また、症状によっては給湯器の製造年月日を調べ、期日によっては買い替えたほうがいいかもしれません。
そのようなことでも、業社は親身に相談に乗ってくれるので、気軽に相談してみましょう。

◎石油給湯器の点火しない理由
石油給湯器において、バーナーに点火しない理由として、燃料である灯油がバーナーの方まで達していないということが挙げられます。
石油給湯器の仕組みとして、ノズルを利用して灯油をバーナーに吹き付けて点火するという仕組みになっていますが、そのノズルが不純物などによって詰まっていたり、灯油が水に混ざっている場合などが考えられます。

石油給湯器では灯油タンクを設置が必要となりますが、灯油タンクは長い間設置しておくと、水がタンクの下のほうに溜まる場合もあります。

また石油給湯器は、給油を行うとき灯油タンクの蓋を開けるので、そのとき一緒に外気がタンクの中に入り込んでしまいます。
そしてタンク内に水滴が付いてしまうことがあります。
そのため、定期的に水抜きを行なわなければなりません。
基本的に灯油タンクには必ず水抜きが出来る水栓が備わっているので、水抜きを行うときはそこを開放させて水を抜いていきます。

バーナーに点火できない他の理由として、石油給湯器に備え付けられている電磁ポンプ関係が挙げられます。
石油給湯器は電磁ポンプを利用することにより、ノズルに灯油を循環させる仕組みとなっているので、それが作動しないことによって点火ができないということも少なくありません。

他にも制御する電気系統の基板自体が故障してしまい点火不可、というケースもあります。
火を付けるための点火プラグが悪くなる、といった直接的な原因も考えられます。
ただこのケースはあまり多いケースはありません。

上に挙げたいくつかの理由は、あくまでどれも石油給湯器での例です。
ガス給湯器はまた別の理由になってしまうので注意しましょう。

■点火しない理由
石油給湯器やガス給湯器を利用している家庭のトラブルの一つとして、お湯を沸かすことができないというトラブルがあります。
これらの給湯器のお湯を沸かす方法は、燃料をバーナーに点火し、それから水を温めて給湯する仕組みとなっています。
まずはバーナーに点火することが必要なのです。

お湯を沸かすことができないというのは、すなわちバーナーに点火できていないということになります。
一概に言うことはできませんが、お湯が沸かないというトラブルの大半がこの理由です。

石油給湯器とガス給湯器では、点火しない理由がそれぞれ異なります。

■石油給湯器のメリットと注意点
◎メリット
ランニングコストがガス給湯器に比べるとやや安めです。

◎注意点
ガス給湯器に比べると、稼働時に異音が聞こえたり、燃焼時に匂いが出ることがあります。
また、燃料の補給が必要となります。
さらに、灯油タンクを定期的に水抜きを行う必要もあります。
機器代に関しても、ガス給湯器に比べると高いです。
耐用年数も、ガス給湯器に比べ短いです。
灯油タンクの設置もしなければなりません。

■エコキュート
◎メリット
エアコンの室外機のように、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの設置が必要ではありますが、深夜料金を使用する点と、熱を空気中から取る仕組みによりランニングコストは安価で済ませることができます。
また、最近ではIHクッキングヒーターなどと併用しているオール電化住宅もあり、大幅にランニングコストを節約することができます。

◎注意点
初期設備にかかる費用が70万~80万円と他の給湯器に比べやや高めです。

アーカイブ

Bookmarks